06月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫08月

リリーマルシェ

2016.11.28 (Mon)

今日は晴れ 風が強くてめっちゃ寒い


オーガニックマーケットを後にして長浜までやって来ました。まだ土曜日の話です

KIMG2290.jpg
中村農園の「リリーマルシェ」の案内が来ていたので少し覗きに来ましたよ。

KIMG2291.jpg
初夏にも盛大なイベントがありますが、こっちも綺麗ですね~

KIMG2293.jpg KIMG2292.jpg

KIMG2294.jpg
色んな品種があるんですね~ ピンクが多いようです。

KIMG2295.jpg
これ好きやわ~。淡い色が好みです

KIMG2296.jpg KIMG2298.jpg
KIMG2299.jpg KIMG2297.jpg

KIMG2301.jpg
温室の中はユリの匂いでむせ返るようです。

少し行くのが遅かったので球根や切り花は残り少なくなっていました。フリージアの球根が欲しかったなぁ

KIMG2325.jpg
オリエンタルリリーの切り花を買って来ました。まだ3つしか開いてないのにすでに部屋中ユリの匂いがしています。これから次々開いたら大変な事になりそう


車の点検とリコールでディーラーに行った。
何か気になることありますか?って言うので、
どうしても気になる事がある!と・・・
「手結の可動橋のCM、本人来たが?」
「来てない、来てない。合成よ~」
やっぱりそうか 残念

訪問ありがとうございますパンダ+ありがとう_m[1] 
ブログランキングに参加してます パンダ_ぺこり_m[1] ポチッと応援お願いしますパステル_m[1]

人気ブログランキングへ
スポンサーサイト

高知県ランキング
20:11  |  植物日記  |  Trackback(0)  |  Comment(6)

Comment

あのCM合成?
本人さん来たのかと思ってました 残念!
あの橋、見た事ないのよ
一度見たいなぁ

ユリ・・品種も多くなって凄い事になっちゅうね
昔はカサブランカは南アフリカから
空輸だったんですよ
とんでもなくお高い花でした・・笑

オリエンタルリリー・・上品で綺麗やね
私は、ド派手なピンクのユリ買うかも 笑


だんご |  2016.11.28(月) 20:41 | URL |  【編集】

あぁ~私も気になっちょった! 合成やったがやー
分ってよかったwありがとう。
のりまき |  2016.11.29(火) 18:01 | URL |  【編集】

Re: タイトルなし

だんごさん
そうながらしい(^^ゞ
忙しい人気の若手やきあれだけでは来んわねぇ(>_<)
あの橋、時間が合って下りている時に行ったら何にもない、笑

ユリは驚くよ~!いろんな色もあるし大きさもある(@_@)
カサブランカの球根のつかみ取りがあったけど
どうやって育てるのか分からんので止めときました。

ユリは花粉が付くのでちょっと面倒くさいけど
たまには豪華な花も良いかな?
daisy88 |  2016.11.29(火) 21:14 | URL |  【編集】

Re: タイトルなし

のりまきさん
そうとは思いよったけど、やっぱり合成やったがやね・・・
あれっぱぁで来んわね(^^ゞ
けど、胸のつかえはとれたww
daisy88 |  2016.11.29(火) 21:16 | URL |  【編集】

あのCMが合成なんだ!
ちょっとがっかりね・・・でも合成の技術は凄い~
合成ってみえないね~

リリーマルシェって行ってみたいなぁ
ゆりがいっぱいを見たいわ
むせ返るゆりの香を体験した~い(笑)
大阪の主婦 |  2016.11.29(火) 21:52 | URL |  【編集】

Re: タイトルなし

大阪の主婦さん
かなり気になっていたので確実な人に聞いてみました!
やっぱり橋を渡るだけで来ないわな~(>_<)
技術は進歩してるのね。

豪華なユリが沢山咲いて見ごたえがありました♪
一度に咲かせるのは手が掛かるでしょうね(^^ゞ
我が家はユリの匂いがきつくなってます^m^

daisy88 |  2016.11.30(水) 20:53 | URL |  【編集】

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://daisy88.blog103.fc2.com/tb.php/1905-e5010044

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME |